いまさら聞けないカードローンとは

未分類

お金を借りることさえできればどうでも良いことかもしれませんが、金融商品(キャッシング比較するならココがオススメ)の中には用途別で教育ローンや住宅ローンなど、複数のローンを組むことができます。用途ごとのローンであるため、例えば住宅ローンでは家を購入したり、増改築を行うための資金として借りることができますが、それ以外の目的で借りることができないのが一般的です。また、借りる金額もまとまったものがほとんどで、数百万から数千万円のお金となってしまうので、気軽に借り入れするということも難しくなっています。

そのため、今月の生活費が苦しいので、その足しにするための借り入れといった使い方ができなくなっています。カードローンとはこうしたネックを解消した借り入れ方法で、銀行や消費者金融からお金を無担保で借りることができ、分割で返済が可能、さらに使用目的も基本的に自由となっているため、生活費の足しや大きな買い物をする際にも利用できるようになっています。

通常のローンは銀行などで契約して一括でお金を借りるといった方法ですが、カードローンは借りるためのカードを作成し、限度額までなら少額でも借りることができるのが特徴です。回数も決まっていないので、返済を忘れなければいくらでも利用できるようになっています。限度額は年収や信用情報から審査を行い、無理のない範囲で決定されます。その他の金融商品のように審査に時間がかかるということもなく、アルバイトやパートなど、一定の収入さえあれば審査も通り、早ければその日のうちに利用できるというのもメリットです。

金利は消費者金融で18%前後、銀行でも15%前後とやや高めに設定されていますが、保証人や担保などが必要なく、気軽に利用できる点でも大きなメリットとなっています。お金を借りるという意味でキャッシングと混同されることも多いですが、クレジットカードに付帯されるキャッシングは通常一括払いなのに対し、カードローンはリボリビング払いとは違う分割払いが利用できるようになっています。

借入の時に審査が通らない理由とは

未分類

お金の借入を行う時には、必ず審査が必要となってきます。これはお金を借りた人がきちんとお金を返すことができるのか、ということを金融機関側が知るために重要なもので、どんな業者から借入を行う場合でも必ず行われ、その審査に通過した人のみが借入を行うことができます。審査基準は借入先によって基準が決められており、この条件を満たせばどこでもお金を借入できるというわけではないという点に注意が必要になります。

審査の際に重視されるのは「勤務先」「勤続年数」「年収」「家族構成」「現在の他の金融機関などからの借入額」が主なものとなります。これらの本人から提出された情報とともに、信用調査機関の「個人信用情報」もまた、重視されています。個人信用情報には本人から提出された申込書に記載されている情報との食い違いがあればすぐにわかってしまいます。特に他の金融機関からの借入額をごまかすのはNGです。今現在、携帯電話やクレジットカードなどの返済がきちんと行われているのかどうか、過去の借入額や返済状況、債務整理を行っていないかなどが細かくチェックされます。

お金を貸すというのは金融機関側にとってはあくまで仕事のうちであり、慈善事業ではありません。きちんと返済がされるかどうかがチェックされるため、過去に返済が滞っていたり、債務整理を行って借金の返済ができなくなったという過去がある場合、多くのケースで審査に通過しないでしょう。また、短期間のうちに多くの金融機関に申し込みをした場合にも審査に通過しなくなる可能性が高くなります。多くの申し込みをしたということは、それだけ金策に走らなけらばいけない理由があるという判断がなされてしまいますので、「今、お金を貸しても返済される可能性が低い」という判断によって、審査に通過しなくなってしまいます。1か月の間に3社以上の申し込みを行うと、それだけで審査に通過しなくなってしまうとも言われています

カードローンを利用するか銀行を利用するか

未分類

お金を借りる方法というのはいくつもありますが、代表的なものとしてはカードローンを利用する方法であったり、銀行を利用するというものがあります。どちらも金融機関からお金を借りる方法ですが、それぞれ一長一短があるものとなっているのでその点を踏まえてどちらを利用するのか選ぶようにすると良いでしょう。

まずカードローンですが、これは借りやすいのが魅力となっていて銀行ほど審査が厳しくないという利点があります。その日のうちに契約をすることができ、その日のうちにお金を借りることもできるのでとにかく今すぐお金を借りたいというときに便利です。欠点としては金利が銀行よりも高めであることと、借りることができる金額に限度があるということです。

比較的融資を受けやすい分だけ金利が高くなっているので、金額が大きくなったり返済期間が長くなると金利の負担が大きくなったりいつまでたっても返済が終わらないということがあります。カードローンには総量規制というものがあり、年収の三分の一を超える金額を借りることができないので50万円必要だとしても年収が100万円だと借りたい金額を借りることができないという欠点があります。

対する銀行の利点としては金利が低めになっているので、返済の負担が少なく大きな金額を借りやすいというものがあります。総量規制の対象外となっているので、年収以上のお金を借りることもできるため、家などの大きな買い物をするときや事業をおこなときに十分な金額を借りることができるのが長所となっています。欠点としては銀行からお金を借りる場合、消費者金融よりも審査が厳しいことが多くそれに加えて時間もかかることが多いというものがあります。とにかく今すぐお金が必要だという時期に、審査で何日も待たされて融資も受けることができなかったとなると大きな痛手となってしまうこともありますから、急ぎのときには使いづらいという欠点があります。

キャッシングは個人でお金が必要な人へ融資する事

未分類

この世の中でお金を必要としている人はどれほど居るかと言うと、きっと世の中の人が全員だと思います。それを働いた稼ぎによってお金を得ると言う風習で生きていますが、それでも尚且つ、お金が足りない人は資金を融通して貰って生きています。この世界には便利な企業があって、個人の人でお金が必要な人へ融資するキャッシング業者というのもあるのです。

 

だから、稼ぎが少なくても、キャッシングしたりして、その場をクリアして生きて行けるのです。キャッシング企業は、その貸したお金に対しての利息を得ます。そしてその利息によって運営されているのです。だから、お金を貸すことが商売となっているので、借り手、貸し手の双方にとって、利用しあえる関係性であるのです。そして利息付の返済金を毎月返済して貰って初めて利益が生まれるシステムなのでしょう。これが、途中で返済不可能な状態になる時もあります。それは回収する為に、催促状を出したり、取立てに行ったりと、お金を貸すだけでは済まないほどにたくさんの業務があります。

 

それでそんな風に途中放棄をして返済不可能な状態にならない為にも、初めの申込審査の時に、借りる人に合った融資枠を算出します。無理なく返済出来る形であれば、スムーズに返済が行われるからです。キャッシングは初めに大きなお金を融資する事が多くありますが、返済は少額のローン払いとなるのです。その分割払いの金額が毎月大きなお金で負担になるのなら、返済不可能になりますが、少ない額ならば、無理が生じる事が無くなり、返済を完済できるからです。キャッシングは、個人の人へ融資をする際に無担保で、無保証人と言う形の契約が殆どです。

 

仕事をしていて収入があるので、返済は可能だっと言うそれだけの信用の元でお金を貸しているので、無理の無い貸し出し金額しか設定しないでしょう。キャッシングは借金として扱われる為、余り良くないイメージに捕らわれていますが、しかし、個人でお金が必要な人へ融資している事は、借りてに取っては感謝する程に助かる事であるので、キャッシングのイメージはだんだんと明るいイメージへと変わって行っているでしょう。

お金を借りる理由のランキング

未分類

お金を借りる理由について調査したある機関の結果によると、そのランキングの上位五つは次のようになっています。

第1位は、生活維持タイプで、生活するために手元のお金がないので借りるというものです。およそ37%という数字になっています。第2位は、多重債務タイプで、他の借金の利息などに追われて重ねての借金をするケースです。約22%となっています。第3位は、一時借り入れタイプで、生活苦ではないけれども何らかまとまったお金が必要になったということからのもので、約20%となっています。第4位は、趣味・娯楽タイプで、遊ぶお金欲しさに借金するものです。約16%になっています。第5位は、少額一時タイプで、財布の中に資金が少ないときなどで、短期的に一時借用するものです。約6%となっています。

生活維持タイプのケースは、特別の月だけ不足して買い入れるというのであれば、まだしもですが、慢性的になると、多重債務タイプに移動する危険性があり、健全な家庭生活という意味では、大きな問題が残るとされています。収入増の方策を考えるか、毎月々の出ていく費用を見直し、経費節減を図ることも併せて行う必要があるとされています。

多重債務タイプは、間違いなく自己破産の道を進んでいることになります。火の車で、利息がどんどん膨らみ、いずれはにっちもさっちもいかなくなります。家族を含めて何らか相談し、借金をきれいにして、出直す必要があるとされています。また、こうしたケースに陥ると、誘惑する者や悪い連中が手ぐすねを引いている状況になっており、蟻地獄に陥ってしまうような感じになるので、その後のフォローも大事だと言われています。

一時借り入れタイプは、借入目的が明確で、返済の目途もついていれば問題ないのですが、目的如何では注意が必要になるものです。趣味・娯楽タイプと少額一時タイプは、若い人たちにはときたま見かけるタイプで、返済が滞らなければ問題は少ないのですが、うっかりすると借金が膨らみ、高金利の借り入れに手を出し、やがて多重債務タイプにはまることになるので、注意が必要とされています。

カードローンを借り換えるメリットとデメリット

未分類

複数のカードローンを利用していると、金利の支払額が増え、返済スケジュールの管理も難しくなります。その結果として、多重債務に陥って返済不能になるケースも少なくありません。そこでそのような状態を回避するために登場しているのが借り換えローンです。おまとめローンなどとも呼ばれているこのローン商品は、複数のカードローンを一社のローン商品に借り換えることでメリットを得ることを目的としています。
カードローンをまとめて一社のローン商品に借り換えるメリットは、低い金利を利用できることです。

小口融資には高い金利が設定されており、それらが重なると金利の負担もかなりの金額になります。一方、複数の債務をまとめる借り換えローンは必然的に借入額が高額になりますので、そのぶん適用される金利は低くなります。支払う金額が一緒であれば金利が安いほうがいいのは言うまでもありません。また返済日が一つになりますので、支払い忘れなどを防止しやすいというのもメリットと言えるでしょう。一方、デメリットも存在します。借り換えローンやおまとめローンと呼ばれる金融商品は、その性質上、高額のお金を融資することになります。

どのローン商品でも同じことですが、貸し出す金額が大きくなればなるほど審査の基準は高く設定されることになりますので、場合によっては審査に落ちてしまうこともあるでしょう。利用者にとってメリットが大きい商品ですので、この点については仕方のないことと言えるかもしれません。

また利用する借り換えローンの支払期間によっては、金利が低下したメリットを享受できない場合もあります。いくら金利が低くなっても、支払期間が延びてしまえば結果的に金利の総支払額が増えてしまう可能性があるからです。ですからこれらのローン商品を利用する場合は、総合的な観点に立って本当にメリットがあるかどうかをしっかりと検討してから判断することが必要になるでしょう。

引越し資金のためにキャッシングを利用しました

未分類

一年ほど前、ストーカー被害に悩んでいました。私の前に住んでいた方がストーカー被害で引っ越していったらしく、それを聞いて調べてもらったところ、部屋に盗聴器が仕掛けられていました。特に都会だとこういう被害は多いそうで、引越しする前に調べておけば良かったと後悔しましたね。 何だか人に監視されているような感じがしたり、深夜なのにドアの前からごそごそという音が聞こえたり。

 

それが怖くてしばらくは彼氏によく来てもらっていました。しかし毎日のようなこういう現象が起きるので、ある時お隣さんに「お化けでもいたりして」なんて冗談を言ったら、「そういえば前に住んでた人はストーカー被害に遭ってたらしいし、勘違いされてるんじゃないの?」なんて言われてしまったんです。 そこで調べてみたらビンゴでした。対象がいなくなってしまった後に同じ女性が入ってきて、盗聴器などはそのままですからそのままストーカーを続けることにしたのかな、と思います。

 

そこで急遽引越しする事にしました。しかし、ほんの少し前に引越ししたばかり。社会人といってもまだ新米ですし、一人暮らしを始める際に全て自分で家具などを揃えたので自由に使えるお金なんてありませんでした。そこで警察に相談してみたのです。 わかってはいたのですが、あまり良い答えは返ってきませんでした。まだ直接的な被害が無いのでどうにも出来ないのだとか。巡回はすると言っていましたが、それでも結局捕まらないのですから意味がありませんよね。

 

そこで、私は消費者金融からキャッシングして何とか引越し資金を出す事にしました。まだ新米の社会人なので審査に通るかどうか不安もあったのですが、今の状況を説明するとちゃんと話も聞いてくださって、ちゃんと審査にも通りました。 おかげで引越しも無事完了。ちなみに、引越し業者さんのほうで盗聴器のチェックがサービスに入っていましたからやっていただいたところ、新しいマンションには無くてホッとしています。

キャッシングのやり方を皆さんと一緒に勉強します。

未分類

私は30代のフリーターの話です。つい最近になり失業してしまったのでお金がありません。 運よくサラリーマン時代にキャッシュカードを作っておりましたので、ヤバくなったらお金を借りてやっていこうと思います。 キャッシュカードでお金を借りることをキャッシングと言いますが、私はサラリーマン時代に給料がしっかり貰えていたので詳しいことを知りませんでした。

 

そこで私は今日はキャッシングのやり方を勉強すると同時に、皆さんに説明までしようと思います。 まず初めにキャッシングをするには何がいるのかというとクレジットカードです。これを作らなければ何も始まりません。 クレジットカードはどこがよいのか知りたいですよね。しかし、私はどこの会社が良いのかわかりません。 なぜならキャッシュカード選びはその人の生活スタイルによって大きく変わってくるからです。

 

生活スタイルって何ですか?と言われるかもしれないので、ここで私を例に取って書いてみることにします。 私が初めてクレジットカードを作ったのはアパートを借りる時でした。私のアパートは何故かキャッシュカードを作らなければ入居が不可能だったのです。 当時は何故アパートに入居するのにキャッシュカードが必要かわからなかったけど、今考えると、私に信用があるかの審査みたいなものだったと思います。 まあでも、社会人に、なってクレジットカードを持っていないようでは何となくカッコ悪い感じもあったので、すぐに作ることにしました。

 

このような経緯だったのですが、私のようなクレジットカードの作り方の人はたまにいるかもしれません。 私の周りでは、海外旅行に行くときにクレジットカードに海外旅行保険がついてお得なので作った人もいます。 さで、クレジットカードを作ったら今度は、暗証番号を知る必要があります。暗証番号はクレジットカード会社から初期設定で知らされます。後で自分の好きな暗証番号にすることもできます。 クレジットカードと暗証番号がわかれば、近くのコンビニに行ってお金を借りることができます。

キャッシングサービス利用時には、必ず計画が必要。

未分類

何をしようとするにも、お金というものが必要になるわけで。まあ、これはこの世の中で生きていくには仕方のないことなのですね。いくらキレイごとを並べ立てたところで、先立つものがなければどうしようもない。現実はそう甘くないものです。こういうことは、世間にはいろいろあふれてるのですね。そして、今すぐにでも現金が欲しい、そういったピンチのときというのもある。そういうときにいったいどうすればいいのか、ここが問題なのです。

 

現代にはこんなものがあります。それは今は多くの方が利用しているキャッシングサービスというもの。このキャッシングサービスというものは、銀行系や消費者金融系などいろいろあります。どれを選ぶかは、それぞれの特徴や利点などを考えて、自分のニーズに合ったところを選ぶことができる。それではこのキャッシングサービスについて少し考えたいと思います。 その特徴について、言いたいことはいくらでもある。たとえば、キャッシングは大型のローンなどと比べてみると、比較的、小口の融資が中心だということ。それから個人の信用でお金が借りられるから、担保とか保証人とかがいらないということ。また、融資を受けたお金はどんなことにも使うことができるということなど、良いところはけっこうあります。

 

どんな問題を考えるときにも、その利点となるものが大切です。キャッシングサービスの最大の利点と言えるところは、やっぱり融資までにかかる時間がとっても早いということでしょうか。これはすごい早さです。今はインターネットも普通に使われていますから、これを使えばもっと早くなる。だから急な出費でピンチのときには最適なのですね。 なにかとストレスが多い現代社会でもって、お金に関する悩みはこれで解決できるのではないでしょうか。もちろん、キャッシングサービスがいいと言っても、これはあくまでも借金に他ならないのだから、返済は必ずしなければいけない。だから返せる範囲内で融資を受け、返せるアテが確実にあるときに利用することですね。これが賢い使い方と言える。 最終的には、計画が必要だということです。これがなければ借りてはいけません。危険ですから。

自動車特化型のローンでなくキャッシングを利用するメリット

未分類

というのは、まとまった資金が必要になります。車によっても価格は異なりますが、100万円以上かかるケースが多いですね。中古車などでも、そこそこまとまったお金が必要になるでしょう。 ですので自動車の購入をしようと考えている方々は、しばしば融資商品を検討しています。いわゆる自動車購入に特化しているローン商品ですね。
そのタイプの商品の場合は、手数料に関するメリットはあります。少なくともキャッシングなどに比べれば、手数料は比較的低めなのですね。自動車特化型のローン商品の場合は、手数料が5%前後になっている事も多いのです。

 

ところが自動車ローンには1つデメリットがあって、ちょっと時間がかかるのですね。どれ位の時間がかかるかも商品によって様々なのですが、たいていは1週間程度かかってしまいます。 そして自動車を購入したいと思っている方々は、ちょっとスピードを求めている事もあるのですね。一刻も早く移動手段を確保したいと思う時は、1週間もかかるのは困ることもあるでしょう。

 

また自動車用の商品の場合は、給料明細が求められる事も多いです。身分証をお財布の中に収納している方々は多いと思いますが、給料明細をそこに収納している方は少ないでしょう。つまり書面に関するデメリットもあるのですね。 それらのデメリットを考慮すると、かえってキャッシングの方が好ましい一面があります。そのタイプの商品の場合は、総じてスピーディーですね。最近は銀行や消費者金融でも、その商品で即日借りれるケースも珍しくありません。少なくとも自動車特化型のローン商品に比べれば、遥かに速やかです。

 

それと、それには書面に関するメリットもあります。基本的には、その商品は給料明細が求められない事も多いのですね。多額の資金調達が求められる場合は給料明細の提出が求められる事もあるのですが、銀行の場合は100万前後でもその書面が求められない傾向があります。 ですので一刻も早く車を調達したい時は、自動車ローンよりキャッシングを用いるのも悪くないと思いますね。