カードローンを借り換えるメリットとデメリット

未分類

複数のカードローンを利用していると、金利の支払額が増え、返済スケジュールの管理も難しくなります。その結果として、多重債務に陥って返済不能になるケースも少なくありません。そこでそのような状態を回避するために登場しているのが借り換えローンです。おまとめローンなどとも呼ばれているこのローン商品は、複数のカードローンを一社のローン商品に借り換えることでメリットを得ることを目的としています。
カードローンをまとめて一社のローン商品に借り換えるメリットは、低い金利を利用できることです。

小口融資には高い金利が設定されており、それらが重なると金利の負担もかなりの金額になります。一方、複数の債務をまとめる借り換えローンは必然的に借入額が高額になりますので、そのぶん適用される金利は低くなります。支払う金額が一緒であれば金利が安いほうがいいのは言うまでもありません。また返済日が一つになりますので、支払い忘れなどを防止しやすいというのもメリットと言えるでしょう。一方、デメリットも存在します。借り換えローンやおまとめローンと呼ばれる金融商品は、その性質上、高額のお金を融資することになります。

どのローン商品でも同じことですが、貸し出す金額が大きくなればなるほど審査の基準は高く設定されることになりますので、場合によっては審査に落ちてしまうこともあるでしょう。利用者にとってメリットが大きい商品ですので、この点については仕方のないことと言えるかもしれません。

また利用する借り換えローンの支払期間によっては、金利が低下したメリットを享受できない場合もあります。いくら金利が低くなっても、支払期間が延びてしまえば結果的に金利の総支払額が増えてしまう可能性があるからです。ですからこれらのローン商品を利用する場合は、総合的な観点に立って本当にメリットがあるかどうかをしっかりと検討してから判断することが必要になるでしょう。