カードローンを利用するか銀行を利用するか

未分類

お金を借りる方法というのはいくつもありますが、代表的なものとしてはカードローンを利用する方法であったり、銀行を利用するというものがあります。どちらも金融機関からお金を借りる方法ですが、それぞれ一長一短があるものとなっているのでその点を踏まえてどちらを利用するのか選ぶようにすると良いでしょう。

まずカードローンですが、これは借りやすいのが魅力となっていて銀行ほど審査が厳しくないという利点があります。その日のうちに契約をすることができ、その日のうちにお金を借りることもできるのでとにかく今すぐお金を借りたいというときに便利です。欠点としては金利が銀行よりも高めであることと、借りることができる金額に限度があるということです。

比較的融資を受けやすい分だけ金利が高くなっているので、金額が大きくなったり返済期間が長くなると金利の負担が大きくなったりいつまでたっても返済が終わらないということがあります。カードローンには総量規制というものがあり、年収の三分の一を超える金額を借りることができないので50万円必要だとしても年収が100万円だと借りたい金額を借りることができないという欠点があります。

対する銀行の利点としては金利が低めになっているので、返済の負担が少なく大きな金額を借りやすいというものがあります。総量規制の対象外となっているので、年収以上のお金を借りることもできるため、家などの大きな買い物をするときや事業をおこなときに十分な金額を借りることができるのが長所となっています。欠点としては銀行からお金を借りる場合、消費者金融よりも審査が厳しいことが多くそれに加えて時間もかかることが多いというものがあります。とにかく今すぐお金が必要だという時期に、審査で何日も待たされて融資も受けることができなかったとなると大きな痛手となってしまうこともありますから、急ぎのときには使いづらいという欠点があります。