借入の時に審査が通らない理由とは

未分類

お金の借入を行う時には、必ず審査が必要となってきます。これはお金を借りた人がきちんとお金を返すことができるのか、ということを金融機関側が知るために重要なもので、どんな業者から借入を行う場合でも必ず行われ、その審査に通過した人のみが借入を行うことができます。審査基準は借入先によって基準が決められており、この条件を満たせばどこでもお金を借入できるというわけではないという点に注意が必要になります。

審査の際に重視されるのは「勤務先」「勤続年数」「年収」「家族構成」「現在の他の金融機関などからの借入額」が主なものとなります。これらの本人から提出された情報とともに、信用調査機関の「個人信用情報」もまた、重視されています。個人信用情報には本人から提出された申込書に記載されている情報との食い違いがあればすぐにわかってしまいます。特に他の金融機関からの借入額をごまかすのはNGです。今現在、携帯電話やクレジットカードなどの返済がきちんと行われているのかどうか、過去の借入額や返済状況、債務整理を行っていないかなどが細かくチェックされます。

お金を貸すというのは金融機関側にとってはあくまで仕事のうちであり、慈善事業ではありません。きちんと返済がされるかどうかがチェックされるため、過去に返済が滞っていたり、債務整理を行って借金の返済ができなくなったという過去がある場合、多くのケースで審査に通過しないでしょう。また、短期間のうちに多くの金融機関に申し込みをした場合にも審査に通過しなくなる可能性が高くなります。多くの申し込みをしたということは、それだけ金策に走らなけらばいけない理由があるという判断がなされてしまいますので、「今、お金を貸しても返済される可能性が低い」という判断によって、審査に通過しなくなってしまいます。1か月の間に3社以上の申し込みを行うと、それだけで審査に通過しなくなってしまうとも言われています