いまさら聞けないカードローンとは

未分類

お金を借りることさえできればどうでも良いことかもしれませんが、金融商品(キャッシング比較するならココがオススメ)の中には用途別で教育ローンや住宅ローンなど、複数のローンを組むことができます。用途ごとのローンであるため、例えば住宅ローンでは家を購入したり、増改築を行うための資金として借りることができますが、それ以外の目的で借りることができないのが一般的です。また、借りる金額もまとまったものがほとんどで、数百万から数千万円のお金となってしまうので、気軽に借り入れするということも難しくなっています。

そのため、今月の生活費が苦しいので、その足しにするための借り入れといった使い方ができなくなっています。カードローンとはこうしたネックを解消した借り入れ方法で、銀行や消費者金融からお金を無担保で借りることができ、分割で返済が可能、さらに使用目的も基本的に自由となっているため、生活費の足しや大きな買い物をする際にも利用できるようになっています。

通常のローンは銀行などで契約して一括でお金を借りるといった方法ですが、カードローンは借りるためのカードを作成し、限度額までなら少額でも借りることができるのが特徴です。回数も決まっていないので、返済を忘れなければいくらでも利用できるようになっています。限度額は年収や信用情報から審査を行い、無理のない範囲で決定されます。その他の金融商品のように審査に時間がかかるということもなく、アルバイトやパートなど、一定の収入さえあれば審査も通り、早ければその日のうちに利用できるというのもメリットです。

金利は消費者金融で18%前後、銀行でも15%前後とやや高めに設定されていますが、保証人や担保などが必要なく、気軽に利用できる点でも大きなメリットとなっています。お金を借りるという意味でキャッシングと混同されることも多いですが、クレジットカードに付帯されるキャッシングは通常一括払いなのに対し、カードローンはリボリビング払いとは違う分割払いが利用できるようになっています。