自動車特化型のローンでなくキャッシングを利用するメリット

未分類

というのは、まとまった資金が必要になります。車によっても価格は異なりますが、100万円以上かかるケースが多いですね。中古車などでも、そこそこまとまったお金が必要になるでしょう。 ですので自動車の購入をしようと考えている方々は、しばしば融資商品を検討しています。いわゆる自動車購入に特化しているローン商品ですね。
そのタイプの商品の場合は、手数料に関するメリットはあります。少なくともキャッシングなどに比べれば、手数料は比較的低めなのですね。自動車特化型のローン商品の場合は、手数料が5%前後になっている事も多いのです。

 

ところが自動車ローンには1つデメリットがあって、ちょっと時間がかかるのですね。どれ位の時間がかかるかも商品によって様々なのですが、たいていは1週間程度かかってしまいます。 そして自動車を購入したいと思っている方々は、ちょっとスピードを求めている事もあるのですね。一刻も早く移動手段を確保したいと思う時は、1週間もかかるのは困ることもあるでしょう。

 

また自動車用の商品の場合は、給料明細が求められる事も多いです。身分証をお財布の中に収納している方々は多いと思いますが、給料明細をそこに収納している方は少ないでしょう。つまり書面に関するデメリットもあるのですね。 それらのデメリットを考慮すると、かえってキャッシングの方が好ましい一面があります。そのタイプの商品の場合は、総じてスピーディーですね。最近は銀行や消費者金融でも、その商品で即日借りれるケースも珍しくありません。少なくとも自動車特化型のローン商品に比べれば、遥かに速やかです。

 

それと、それには書面に関するメリットもあります。基本的には、その商品は給料明細が求められない事も多いのですね。多額の資金調達が求められる場合は給料明細の提出が求められる事もあるのですが、銀行の場合は100万前後でもその書面が求められない傾向があります。 ですので一刻も早く車を調達したい時は、自動車ローンよりキャッシングを用いるのも悪くないと思いますね。